WEBエンジニア成長期記録:1週間

WEBエンジニアになってから1週間が経ちましたので、この1週間の記録をざっくりと記します。

結論、プログラミングできる幸せを感じながら仕事ができています。

エンジニア成長記録

「WEBエンジニア成長記録」は、下記のように残していく予定。

初日(済)
– 1週間(済)
– 1ヶ月
– 3ヶ月
– 6ヶ月
– 1年目

成長(学習したこと・教えてもらったこと)

コードの追い方

大きめのRailsアプリの機能改修を担当することになるが、今までの開発と比べ圧倒的にファイルの数が多い。
ファイル数が多いと、変数やメソッドの定義場所を探すのに一苦労する。

クラスの継承関係やモジュールのミックスインを把握することで徐々にコードの追えるようになってきている。

GitHubによるコード共有

Git/GitHubは元々使っていたが、commitやpush、pull requestの粒度やタイミングなどはあまり気を使っていなかった。

commitやpush、pull requestはこまめにやるよう(帰宅前とか、ある程度実装できた時とか)になった。

公式のドキュメントを読む

実装でわからないときは、公式のドキュメントを読めるように努めている。

今までは、Qiitaやブログなどを見てとりあえず動くものを作ろうと考えていたが、お金をもらってプロとしてプログラミングをする上では、このスタンスではダメなようだ。

Qiitaなどは見つつも、最終的には公式ドキュメントを確認するクセをつけられるようにする。

RubyやRailsの公式のドキュメントとしては、下記のようなものがあるので、ソースコードに落とし込む際にはチェックしていきたい。

不足している知見

不足している知見はたくさんあるけど、喫緊ではオブジェクト指向の理解を補っていく必要がありそうだ。

オブジェクト指向の知見

クラスやモジュールの考えは、実務で特に必要だと感じている。
『プロを目指す人のためのRuby入門』のクラスやモジュールの章は、未経験時代は読んでもあまり理解できないこともあったが、少し業務を始めてから読み返すと、腑に落ちる点が多い。

よりレベルアップできるよう、積読していた『オブジェクト指向実践ガイド』もなんとか読了させたい。けど難易度高め。

(『オブジェクト指向でなぜ作るか』も積読していたので、こちらも適宜参照する。)

気をつけていること

わからないことは適宜調べてメモとして残している

当たり前だが、知らないgemやメソッドが多いので、適宜調べながらわからない点を潰している。

特に下記の記事では、Railsアプリのどこを確認すべきかを詳細に説明されているので、とても役に立った。

参考:他言語経験者がRailsの案件にジョインしたときに、何を足掛かりにすべきか

調べたことは技術メモとして残すことで記憶の定着率を高められるよう工夫している。

技術メモは「Boostnote」を導入したが、Dropboxと連携できるので、自宅や職場で作成したメモを共有・参照できるので非常に良い。

アドバイスをもらったことを汎用化させる

業務を始めたてなのでわからないことが多く、色々とアドバイスをもらうことが多い。

貴重な時間を割いて教えてもらっているので、教えてもらったことの数倍の知識を蓄えられるよう気をつけている。

具体的には、周辺知識を調べたりするなどして、知識の幅を広げたりしている。

質問するときは具体的に細かく聞いている

質問するときは、具体的に聞いている。(と言っても、たまに曖昧なことを聞いてしまったりしているが)

・概要

・具体的な質問内容

・試したこと

なお、質問の仕方は下記の記事がとても参考になった。

参考:質問は恥ではないし役に立つ

感想

仕事

プログラミングを仕事にできて嬉しい。

これに尽きる。

まだ1週間だけど、業務のほぼ全ての時間をプログラミングに費やせている。

今までは、平日だとプログラミングはできても2時間くらいだったし、忘れていくスピードが非常に早かった。

でも今は違う。

業務の全てをプログラミングに割いて、今まで知らなかった知識をどんどん吸収している。そして得た知識は次の日に活かされて、また新しいことを知っていく。

知的好奇心がどんどん満たされ溢れていく感じがたまらない。

プライベート

仕事をほぼ定時に帰らせてもらっているため、プライベートの時間が十分に確保されている。

この時間を使い、ジム、料理、妻との時間など非常に充実できている。

プライベートでも学習もしているが、今は心理的安全性というか、メンタルを平常に保つ方が重要かなと感じているので、プライベートは学習以外の時間を意図的に多めに確保している。

WEBエンジニア成長記録:1週間 まとめ

仕事とプライベートが非常に良い感じに両立できており、幸福度が高い。

入社した会社に恵まれたなと思う。

次は、1ヶ月間の記録を書くこととするが、今回以上に成長できていることを期待する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です